>

辛い症状改善したい!お勧めしたい健康生活

このエントリーをはてなブックマークに追加

何かが聞こえる

聞くことは、五感の一つであり、人にとって大事な知覚の一つとなっています。
仮に聞こえないなどの障害があったとしても、聞くこととは別の感覚が代替物のように発展するようです。
要するに、人にとっては、何かを知覚するための感覚が大事であるということです。
仮に外の音が聞こえていなくても、自分の内側で何かを聞いているとも言えるのでしょう。
しかし、時に正常とは言えないような聴覚の働きを招きます。
基本的に、音は何かの対象が発生し、それが空気を伝わって、耳に届くようになります。
つまり、音は波となっています。
けれども、そういう対象がないのに、声が聞こえて来たり、あるいは、得体の知れないものの音などとなって、聞いている人に不安を引き起こします。
こういう病とも言えるものが、神を創りだしたとも言われ、予言などもその一種では、との指摘もあります。
しかし、現実の人の中にも、こういう聞こえないものを聞いてしまうという心の病を抱えているケースもあります。
代表的なものでは、薬物依存症です。
薬物と言っても、いろいろなものがあり、医者が指示したものであれば、認可されたものであり、なおかつ、人にどのような効果が及ぶかが予め知られているものです。
しかし、違法薬物などを接種していれば、体に多大な被害をもたらし、先のような幻聴の症状を引き起こします。
最悪の場合、大きな事件を引き起こしてしまうこともあります。
また、幻聴が症状として知られているのは、統合失調症になるでしょう。
日常生活の中で、死んだ祖父の声を聞いたり、あるいは、見知らぬ生物の声が響いて来るなどがあります。
統合失調症の代表的な症状の一つです。
こういうことから、先の神の創造は、統合失調症的な病に罹患している人がもたらしたのでは、とも考えられています。
さらに、統合失調症では、幻聴ばかりでなく、幻覚も代表的な症状の一つです。
いるはずのない人を見たり、あるいは、亡くなった身近な人が、突然目の前に現れて来るなどです。
以上、幻聴を症状の一つとする心の病の代表的なものですが、薬物依存症に関しては、特別の施設も設けられています。
リハビリから治療が始まるようで、アルコール依存症の治療と似たような面があるようです。
また、統合失調症に関しては、基本は薬物治療となっています。
ただし、カウンセリングを中心とするような文化系の心理学部出身の専門家であれば、精神科医と異なり、薬物にばかり頼らない治療を行なっているようです。
Search


Copyright (C)2017辛い症状改善したい!お勧めしたい健康生活.All rights reserved.