>

辛い症状改善したい!お勧めしたい健康生活

このエントリーをはてなブックマークに追加

眠れない日々が続く

あまりにも疲れがたまると、眠れないという時があります。
いわゆる不眠症であり、健常者であっても、時にこういう状態になる時があります。
あるいは、飲み過ぎた後でも、適度なアルコール量であれば、睡眠効果を期待できますが、過度になれば、逆効果となります。
それが翌日まで響き、頭痛などがあれば、二日酔いとなります。
しかし、不眠が長期に及び、しかも、疲れが抜けないということであれば、何らかの病気に罹患している可能性があります。
仮に種々の診療科を受診し、肉体的に問題無いということであれば、心の病気を疑うべきです。
眠るという行為は、人の体を休める効果があり、リフレッシュにためにも、必要なものです。
眠れないということが続ければ、体のバランスが崩れ、思いもよらない別な病気を発症させる可能性もあります。
心の病が、肉体にまで及んでしまう典型的なパターンとも言えます。
こういう不眠が続く場合、何かしら心配なことがあれば、それを克服したり、乗り越えたりすれば、なくなる可能性もあります。
たとえば、受験や資格試験などがそれに該当します。
あるいは、会社の重要な商談なども含まれることでしょう。
さらに、最近では、地震などの自然災害に対する不安から不眠になる可能性もあります。
この場合、たとえ地震が過ぎたとしても、不安が心に残り、なかなか眠れないということも発生します。
こうなれば、地震恐怖症の類となり、やはり、心の病の一つと見なすことができます。
けれども、この他にも、不眠に陥る心の病があります。
たとえば、うつ病などが典型的なものです。
これは、様々な症状があり、不眠もあるようです。
さらには、パニック障害も、不眠症が出てきます。
特に人前に出ることが決まっている前日などは、眠れない夜になり、翌日になって、めまいや動悸などが出て来ることもあります。
さらに、統合失調症でも、不眠が続きます。
聞いてはいけないものが聞こえるなどに対し、恐怖心が芽生え、眠れなくなるようです。
あるいは、夢に対しても、恐怖を覚え、不眠になることもあるようです。
おそらく不眠が続くようであれば、自ら睡眠薬の代わりとなるものを服用するかもしれません。
あるいは、風邪薬でも、そういう効果があります。
さらには、アルコールを服用し、眠ろうとすることでしょう。
それらについても、過度であることは禁物であり、やはり、不眠が続くようであれば、精神科や心療内科を受診することが、無難であると言えます。
Search


Copyright (C)2017辛い症状改善したい!お勧めしたい健康生活.All rights reserved.