>

辛い症状改善したい!お勧めしたい健康生活

このエントリーをはてなブックマークに追加

頭が重い感じがする

飲み過ぎたりすると、二日酔いのため、翌日頭痛が激しくなることがあります。
また、仕事をし過ぎても、頭痛がし、多忙な時期であるのに会社を休むというケースも多々あるようです。
飲み過ぎの場合、自分でも明らかに原因が分かり、対処もしやすいでしょう。
けれども、仕事のし過ぎの場合、自分では気が付かないケースもあります。
そういうものは、概ねストレスが溜まっていることから引き起こされるようです。
もっともストレスの場合、頭痛のみならず、いろいろな肉体的な症状が出てくるようです。
ストレスと自分で認識しているのであれば、対処のしがいもあり、完璧とは言えないまでも、自ら休息を求めることができるでしょう。
しかし、知らぬ間に心の病に罹患しているのは、ストレスがあるのに、そうとは認識していない時です。
それが、たまりたまって、頭痛などを引き起こすようです。
また、ストレスは緊張状態を持続させるため、頭痛ばかりでなく、動悸やめまいなどにもつながります。
あるいは、自分で自分が嫌になり、うつ病とも関係してきます。
実際、うつ病でも、頭痛が症状の中にあり、どんな薬を服用しても、頭痛が抜けないケースがあるようです。
あるいは、統合失調症でも、頭痛が症状の中に含まれてます。
これもまた、心が生み出した極度の緊張状態と関係があるようです。
しかし、頭痛とうつ病や統合失調症の因果関係は、明らかでないようです。
確かに、両方の病に罹患している人には、頭痛を感じる人が多く、持病のようになっている人もいるようです。
仮に心の病であると知らないでいると、脳神経科などに通院し、脳との関係を疑うようです。
もっとも、心の病も、近年では、脳との関係を指摘している研究者もいます。
脳波などでも、違いが出ているようで、いずれはより詳細なことが出てくるかもしれません。
いずれにせよ、頭痛もまた、心の病の症状として、出てくるものです。
なお、うつ病と統合失調症以外でも、頭痛が出てくるものがあります。
たとえば、動悸やめまいなどが知られているパニック障害でも、頭痛を併発することがあるようです。
あるいは、適応障害などでも、頭痛が見られるようです。
先にお話したように、明確な因果関係がわかっていませんが、心へのストレスが、頭痛をもたらすのではないかとも、言われています。
自分では気づかないこともあるため、体が動けるうちでも、休息を取るようにすることが、大事になるでしょう。

話題になっている症状についての話はココがイチオシです

Search


Copyright (C)2017辛い症状改善したい!お勧めしたい健康生活.All rights reserved.